03大会情報

大会情報

基本事項(必ずご確認ください)

下記の感染拡大防止対策の実施をお願い致します。
https://magnamcup.jp/新型コロナ感染拡大防止/

大会日程

開催日会場時間大会種類
4月24日(土)川崎市とどろきアリーナ メイン サブ9:00-18:20女子A大会(1面)
男子A大会(4面)
4月25日(日)川崎市とどろきアリーナ メイン サブ9:00-18:20女子B大会(2面)
ママさん大会(1面)
男子B(3面)
5月9日(土)川崎市とどろきアリーナ サブ9:00-18:20女子AA大会(1面)
男子AA大会(2面)
5月15日(土)立川市柴崎市民体育館9:00-19:30コロナ渦の影響により
中止
5月22日(土)富士見市民体育館9:00-19:30女子B大会(1面)
男子A大会(2面)
5月22日(土)蕨市民体育館9:00-19:00女子C大会(1面)
男子B大会(1面)
6月19日(土)川崎市とどろきアリーナ メイン9:00-18:20女子A大会(1面)
男子A大会(3面)
6月26日(土)蕨市民体育館9:00-19:00女子B大会(1面)
男子B大会(2面)
7月4日(日)さいたま市大宮体育館9:00-19:00コロナ渦の影響により
中止
7月18日(日)川崎市幸スポーツセンター9:00-18:20ママさん大会(2面)
8月1日(日)さいたま市大宮武道館9:00-19:00男子C大会(2面)
8月15日(日)さいたま市大宮武道館9:00-19:00男子A大会(2面)
8月21日(土)立川市泉市民体育館9:00-23:00女子C大会(1面)
男子B大会(3面)
8月22日(日)さいたま市大宮武道館9:00-19:00女子A大会(1面)
男子A大会(2面)
8月28日(土)稲城市総合体育館 メイン9:00-19:00女子B大会(1面)
男子A大会(2面)
8月29日(日)蕨市民体育館9:00-19:00女子AA大会(1面)
男子AA大会(2面)
9月4日(土)立川市泉市民体育館9:00-23:00女子B大会(2面)
男子B大会(2面)
9月18日(土)稲城市総合体育館 メイン9:00-19:00女子B大会(1面)
男子B大会(2面)
9月19日(日)横浜市緑スポーツセンター9:00-19:00男子AA大会(3面)
最終更新日:6月26日 (予告なく変更の可能性があります。)

□レベル分けに関して
AA→A大会本戦・2次予選レベルを対象(25点3セットマッチ、最低2試合保証)
A→A大会予選・男子1次予選レベルを対象(25点3セットマッチ、最低2試合保証)
B→従来のB大会参加チ-ムを対象(25点1セットマッチ、最低5試合保証)
C→従来のC大会参加チ-ムを対象(25点1セットマッチ、最低5試合保証)
オープン→レベル分けなどありません。
※上記の目安に基づいて申し込みをお願いします。 


各種申請はこちら

審判及びルールに関して

審判

マグナムカップ大会では審判の資格の有無は不問としています。審判資格に興味ある方はJVAのページをご確認ください。大会に参加するチームは最低限のルールの理解をするとともに、審判の理解もするように心掛けてください。

基本的に審判は下記の7名+得点が必要です。得点が線審と兼ねることが出来ます。

ルールブック

ルールブックの購入(6人制バレーボール競技規則)
ルールブックの購入(9人制バレーボール競技規則)
ルールブックの購入(ビーチバレーボール競技規則)

記録に関して

公式記録用紙に関してはJVAHPに資料がありますのでご確認ください。 
記録用紙の付け方に関しては下記のページに見本がありますので参考にしてください。
兵庫県高体連バレーボール部HP

2017年度ルール改正点、修正点に関して

石川県バレーボール協会HPにわかりやすい資料がございますので閲覧してください。

2017年度6人制タッチネットルールに関して

反則になるケース

11.3.1 ボールをプレーする動作中の選手による両アンテナ間のネットへの接触は反則である。ボールをプレーする動作の中には,(主に)踏み切りからヒット(またはプレーの試み)と安定した着地,新たな動作への準備が含まれる。 

11.4.4ボールがプレーされているときに,ボールの近くにいるいかなる選手やボールをプレーしようとしている選手自身も,たとえボールに触れなくてもボールをプレーする動作中とみなされる。

反則ではないケース

11.3.2 相手チームのプレーを妨害しない限り,選手は支柱,ロープ,またはアンテナの外側にあるネットや他の物体に触れてもよい。 

11.3.3 ボールがネットにかかり,その反動でネットが選手に触れても,反則ではない。

2017年度6人制タッチネットルールに関して

反則になるケース

11.4ネット近くの選手の反則に下記の記載があります。

11.4.2 選手がネットの下から相手空間に侵入し,相手チームのプレーを妨害したとき。

11.4.3 選手の片方の足(両足)が相手コートに完全に侵入したとき。

反則ではないケース

11.2ネットの下からの相手コートへの侵入には下記の記載があります。

11.2.1 相手チームのプレーを妨害しない限り、ネットの下で相手空間に侵入してもよい。

11.2.2.1 相手コートに侵入している足の一部がセンターラインに触れているか、センターライン真上の空間にあるなら、その足は相手コートに触れてもよい。

11.2.2 相手チームのプレーを妨害しない限り、足首より上の身体のどの部分が相手コートに触れてもよい。

11.2.3 ボールがアウトオブプレーとなった後は、選手は相手コートに入ってもよい。

11.2.4 相手チームのプレーを妨害しない限り選手は相手フリーゾーンに侵入して良い。